便秘予防

妊婦の便秘を予防するために食事を改善しよう

便秘の改善には、食物繊維が必要になりますので、食物繊維が豊富な食品を紹介します。

 

ゴボウや人参やレンコンなどの根菜などは便秘に効果があります。

 

また切り干し大根やセロリなども豊富に食物繊維を含んでいます。

 

 

果物なら摂取しやすいという方は、プルーンやパイナップル、キウイなどを摂取しましょう。

 

バナナやリンゴなども食べやすくて入手しやすいので簡単なところから始めてみましょう。

 

 

キノコ類も食物繊維が豊富ですので、舞茸やシイタケえのきやシメジなども食事にとりいれましょう。

 

また海藻なども鉄分が豊富な上に食物繊維も豊富ですので、昆布や海苔、ひじきやわかめやモズクなども取り入れましょう。

 

 

穀物や豆や芋類にも食物繊維はたくさん含まれていますし、摂取しやすいものが多いので少し紹介します。

 

麦やそばそして玄米や穀物などが食物繊維を多く含んでいます。

 

豆類では納豆や大豆など比較的毎日食べられるものも食物繊維が豊富ですよ。

 

えんどう豆やそら豆や小豆なども加えて摂取するようにしてください。

 

 

またサツマイモや、里芋、そしてジャガイモなどの芋類にも食物繊維はたっぷりですので食事で改善できるとよいですね。

 

 

妊婦が便秘になった場合には、産婦人科で処方される便秘薬を飲むという方法がありますが、やはり食事に気を遣うのが一番の改善法になります。

 

妊娠中の食事には、妊婦さんは気を使っていると思いますが、そこに便秘改善のための食品も取り入れてみましょう。

 

もちろん妊娠初期のつわりがひどい時期などは、食欲も低減していますし食事を作ることすら不可能だったり、臭いが気になってしまって食事が摂れないことがありますので、そういったケースの場合は無理をしないようにしましょう。

体の仕組み

体に必要な水分は約8割といわれています。

 

排便に必要な水分も同様なので、できるだけ水分を補給する必要があります。

 

食物繊維が豊富な食物を摂取することも必要ですが、水分を補給することも忘れないで心がけてください。

 

 

白湯やお茶、リラックスできるハーブティーなどで体を温めながら水分を補給しましょう。

 

起きてすぐに飲むお水は腸を刺激して排便を促してくれるので効果的ですよ。

 

芋類や穀物類は食物繊維は豊富ですが、水に溶けにくいという性質を持つので、穀物類や芋類を摂取した際には水分もたくさんとるようにしましょうね。

軽い運動で妊婦さんの便秘を改善しよう

妊婦になったら便秘になったという原因の一つには、妊婦さんの運動不足があげられます。

 

でも、妊婦さんは運動はあまりしない方が良いのでは?

 

と思われている方もいらっしゃると思いますが、体を動かさないと腸も活発に働いてくれません。

 

運動ができない状態にいる方は、マッサージなどで腸の動きを活性化してくださいね。

 

 

腰やお腹周りを中心にマッサージするのが効果的ですが、お腹だけでなく腰もマッサージすると効果が上がりますよ。

 

腰骨のあたりからおしりにかけて上下に優しくマッサージすることで、腰回りの血行が良くなりトイレに行きたくなるので腰のマッサージも行うようにしてください。

 

そしてお腹周りは、小さいころにお腹が痛くなるとお母さんがさすってくれたように、お腹の胎児にあまり負担をかけないように優しくのの字を書くようにマッサージしてくださいね。

 

その際あまり強めに押すのではなく、できるだけ優しく円を描くのがお腹周りのマッサージのコツです。

 

 

他にも産婦人科や地域のコミュニティなどでもマタニティヨガなども行われています。

 

自宅だけに引きこもるのではなく、同じ妊婦さん仲間を作るのにも良いので取り入れてみてくださいね。

サイト集

勃起回復させるサプリ・・・勃起回復をさせるサプリはあります。男性ホルモンを生成させることで勃起力減退を防ぐんですが、これがかなり効果があることが確認されています。お勧めですよ。